算数苦手は塾で克服?自宅で可能な小学生の算数特化型タブレット学習

スポンサーリンク




最近は子供の学習への取り組みも早い家庭も多く、保育園や幼稚園の内から家庭学習や習い事として塾に通っている子も多く、小学校に上がる前には「ひらがな・カタカナ」はもちろんのこと、漢字やたし算などの簡単な問題はできるようになっているお子さんも多いですよね。

でも、日常使っている言葉からの延長で学ぶ「国語」は得意でも、数字が関わってくる「算数」は授業が進むにつれて苦手意識を持つ子供さんも多いのではないでしょうか?

将来のことを考えると、算数は数学と名前を変えてずっと必要なものですし、できれば小学生のうちにしっかりと基礎を見に付けて欲しいものですが、そのために塾に通わせるのは時間や金額的にも難しいと思いませんか?

そこで、おすすめなのが自宅でしっかりと算数の基礎を見に付けることができるといろんなメディアからも注目されている「算数特化型タブレット学習【RISU算数】」です。

今回はこの算数特化型タブレット学習「RISU算数」をご紹介します。

\算数特化型タブレット「RISU算数」/
\1週間お試し体験はこちらから!/

算数苦手を克服させたい!小学一年生におすすめの算数特化型タブレット学習「RISU算数」

いつの頃からか、子供の学習は若年化してきて小学校に入る前から自宅で学習を始めているご家庭は多いのではないでしょうか?

最近の家庭学習は、昔のように紙媒体の郵送するものだけではなくリアルタイムにデータがやり取りできるタブレット学習が人気が高いようです。

実際に我が子もタブレット学習を取り入れていますが、問題の丸付け・解説・学習カリキュラムの設定などを全部自動でやってくれるので、親としてはとても楽ちんです(^^)

そんな、今主流のタブレット学習はいろんなものがありますが、大抵のものはいろんな科目をバランスよく、子供の学年に応じた学びを提供してくれる内容となっています。

でも、中には「国語とか文系の科目は良いから、理系の算数だけを学ばせたいんだけど…」っていうこともありますよね。

そんな方におすすめなのが算数特化型のタブレット学習「RISU算数」なんです。

小学生が算数苦手になる理由は?単元の多さで一年生には辛い

小学校に入るまでに算数の学びをしているお子さんもいるかもしれませんが、多くのお子さんが小学校に入ってつまずくのが「算数」だと思います。

その理由は、とにかく「考える力が必要」だから。

丸暗記では対応できないその「思考力」「読解力」が子供にとっては大きな負担になります。

さらに、一言に「算数」と言っても、その単元の幅は大きくて「たし算」「引き算」「筆算」「長さ」「時計」「掛け算」「割り算」「図形」「文章問題」という形でかなりの量があります。

この中でも、小学一年生では「掛け算」「割り算」以外のものは取り組みがありますし、中でも文章問題は子供の頭を悩ませます。

文章問題は長い文章に限らず、「設問1 このたし算を解きなさい」これだけでも、始めて算数をする子供にとっては「問題を解く思考力」と「たし算をするという行動を理解する読解力」が必要です。

二年生になれば掛け算が始まり「九九の暗唱」などもあります。

でも、この問題点を解決するためには、とにかくたくさんの問題の回数をこなして感覚をつかんでいくことが必要です。

\算数特化型タブレット「RISU算数」/
\1週間お試し体験はこちらから!/

通常の小学生タブレット学習のデメリットからみる算数特化型タブレット学習「RISU算数」のメリット

上で述べた通り、テレビコマーシャルやメディアで大きく宣伝されている家庭でできるタブレット学習は、自宅に家庭教師がいるかのように好きな時間に取り組めて、定額でいろんな科目を提供してくれるので、塾に通わせるよりもとてもリーズナブルです。

さらに、国語や算数の中でも漢字検定を受けることができたり、ゲーム感覚で数字を学ぶことができたりと、科目をバランスよく提示してくれること、子供の学年に合わせた学びの提供など安定したサービスで安心感があります。

でも、その「いろんな教科をバランスよく」「子供の学年に合わせた」というのは、「とにかく特定の教科(算数)だけを集中して学びたい」という場合や、「子供の学力に合わせた学びをさせたい」という場合にはデメリットになってしまいます。

この2つのデメリットを解消してくれるのが、算数特化型のタブレット学習「RISU算数」なんです。

その理由は、この算数特化型のタブレット学習「RISU算数」は、算数だけに特化したカリキュラムなので自宅でするタブレット学習の時間をしっかりと算数に使うことができます。

さらに、「子供の学年に合わせた学びの提供」ではなく「子供の学力に合わせた学びの提供」なので、子供の学力がゆっくりの場合はその基礎固めをしっかりとさせることもできますし、学力の進みが早い場合は本来の学年よりも進んだ問題に取り組むことができるメリットがあるんです。

実際に娘が取り組んだ感想はこちらに書いています(^^)
▼ ▼ ▼ ▼ ▼

小学生になって「勉強」が本格的になってくると気になるのが「学力」。小学一年生のメイン学習は国語と算数で我が子は数の計算に苦戦。そこで見つけたのが算数特化型タブレット学習「RISU算数」。今回は実際に体験してみた感想をブログでご紹介します。

\算数特化型タブレット「RISU算数」/
\1週間お試し体験はこちらから!/

小学生の家庭学習はタブレットがおすすめ!その理由は?

家庭で学ぶ通信学習はいろんなものがありますよね。

かく言う私も、長女が小学校に入る前に「こどもちゃれんじ」という通信学習をしていました。

これを始めたきっかけは、やはり身の回りの同級生が小学校に入る前に始めていることを知ったからなのですが、当時は紙で郵送するプランとタブレットで学ぶプランから選べたのですが、私はあえて紙で郵送するタイプをしていました。

その理由は「保育園児からタブレットなんて高価過ぎる」という気持ちと、「しっかりと鉛筆を持って取り組む」という紙媒体のメリットを感じていたから。

でも、実際に紙で郵送するタイプをしてみて感じたのは「かなりの親の負担がかかる」ということ。

確かに、実力テスト自体は郵送で送って「赤ペン先生」という方々が丸付けやコメントを付けて送り返してくれるので、子供にとっては「お手紙がもらえる楽しさ」がモチベーションアップになるようでしたが、その郵送するテスト以外の日常の問題は親が教えたり丸付けしたりする必要があります。

私自身、長女が6歳の時には下に4歳と1歳の子がいる上に、仕事もしているので時間的にも子供の学びを心のゆとりをもって見てあげることができず、自分を追い詰める結果になりました。

そこで、紙媒体の通信学習をやめて、タブレットでの家庭学習に切り替えました。

小学生算数苦手克服は塾じゃなくて家庭学習がいい!親子の負担なく楽しくがポイント!

実際に、紙媒体とタブレット学習の両方をしてみて感じたのは、確かにタブレット学習は視力の低下などのデメリットを心配しましたが、その辺りはブルーライトカットのフィルムを貼ったり学習時間を気を付けたりするようにすればいいかな?っと思ったのと、やはりタブレットは親の時間と気持ちの負担が全く違いました

私の場合は、子供にキッチンタイマーで時間を測らせたりする方法を取り入れたりしたのですが、「子供に問題の説明をする」「丸付けをする」という負担がなくなったことはとても大きなことでした。

タブレット学習に切り替えるまでは、子供に問題をさせるだけでは、子供はどんどんやる気がなくなりますから、子供のやる気をキープするためにも丸付けと評価は必要と思って、紙媒体の時は夜中に一人で丸付けしてましたから…。

親の「丸付けや設問の説明」の負担を削りたいだけなら「塾に通わせる」という方法もありますが、低学年の内から塾に通わせる金銭的余裕や、決まった受講時間、送り迎えの時間的な負担を考えるとやはり学習時間を気にせず自宅で取り組めるタブレット学習は親の負担はかなり少ないと思います。

そいういう体験からもやはり自宅でできる家庭学習にはタブレット学習がおすすめです(^^)

さいごに

今回は、算数の苦手意識を克服するためにおすすめの小学生低学年(一年生)からでもできる算数特化型タブレット「RISU算数」をご紹介しました。

「RISU算数」は算数特化型タブレット学習というもので、あまり聞いたことがない人も多いかもしれませんが、なかなか理数系頭脳を鍛えることを目的としたタブレット学習はないかもしれません。

「RISU算数」のカリキュラムは問題、動画なども子供が楽しく、飽きにくくなるようなシステムになっているのでお試し体験だけでもして見られるのもおすすめです。

テレビコマーシャルなどでやっているものでも、「実際にやってみたら合わなかった」という声もよくあることなので、気になったらお試しだけでも「実際に手に取ってやってから決める」というは必要なことだと思います。

実際に算数が嫌いになっていた娘に、「お試し体験」させてみて、良かったと感じた私なりの感想です(^^)

\算数特化型タブレット「RISU算数」/
\1週間お試し体験はこちらから!/

\実際に娘が取り組んでみた感想も別記事でご紹介してます(^^)/
▼ ▼ ▼ ▼ ▼

小学生になって「勉強」が本格的になってくると気になるのが「学力」。小学一年生のメイン学習は国語と算数で我が子は数の計算に苦戦。そこで見つけたのが算数特化型タブレット学習「RISU算数」。今回は実際に体験してみた感想をブログでご紹介します。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする