チョコレートボンボンの美味しい食べ方!どうやって食べる?

食事のこと

スポンサーリンク




チョコレートボンボンというお菓子をご存知ですか?

 

そうです、あのお酒をチョコレートでコーティングした丸いお菓子です^^

 

あのお菓子ですが、正しい食べ方ってご存知ですか?

 

わからないまま口に入れてしまって、普通のチョコレートと同じようにすぐにカリッとかじってしまって「あ…もう食べ終わってしまった…(;´Д`)」と残念な気持ちになることはありませんか?

 

そこで、今回はチョコレートボンボンの食べ方について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

チョコレートボンボンの食べ方は「ゆっくり」が基本

結論から言うと、まず「すぐにかじってはダメ!」という事です。ゆっくりと楽しみながら食べましょう^^

 

普通のチョコレートと違って、チョコレートボンボンは薄いチョコレートの方の中にアルコールが入っています。

 

なので、口に入れてカリッとかじってしまっては楽しむどころの話ではなくなってしまいます(;´Д`)

 

勿論、「中がどうなっているんだろう?」と興味津々に手でもって噛みつくのは論外です。下手をしたら中に入っている液体がこぼれて大変なことになってしまいます(ノД`)・゜・。

 

では、次に「どうやって食べるのかベストなのか?」ということについて書いていきますね。

スポンサーリンク

チョコレートボンボンの正しい食べ方

では、型の中に液体が入っているチョコレートボンボンの正しい食べ方についてですが、まず包み紙からだしたら、潔く一口で口の中に入れましょう。

 

そして、口の中でしばらく舐めてチョコレートの味を楽しんでください。

 

そして、しばらくチョコレートの味を楽しんだら、ゆっくりと少しだけチョコレートをかじって穴を開けましょう。

 

そうすると、中に入っていたアルコールが少しずつ出てくるので、それを吸って中のアルコールを味わってください。

 

 

そうしていると、チョコレートもだいぶん薄くなってくると思うので、一緒に食べてチョコレートとアルコールの合間った味を楽しみましょう^^

 

チョコレートボンボンの形としては、比較的、真ん丸の形のものが多いですが、お酒のボトルの形をしたものなどもあるので、そういう形のものだと少しだけかじったりするのが楽にできるかもしれませんね。

スポンサーリンク

チョコレートボンボンは外国だけのお菓子じゃない

チョコレートボンボンの名前の由来は、フランス語の「ボン」という「幸せ」という言葉から来ていて「食べると幸せになる」という意味があるそうです。

 

以前はチョコレートの中に洋酒が入ってるものが主流でしたが、最近は日本のお酒が入っているものも多く出ているようです。(しかも、有名どころの(゚∀゚))

 

なので、「海外のお菓子」という印象もだいぶんなくなってきました。

 

機会があれば日本のチョコレートボンボンも食べてみると楽しそうですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事の内容をまとめると…

 

・チョコレートボンボンは口に入れてすぐにかんではダメ
・手でもってかんでもダメ

・口の中に入れたらまずゆっくりと舐めてチョコレートを楽しむ

・しばらくしたらチョコレートを少しだけ割って中のアルコール分を楽しむ

・最後にアルコールとチョコレートを一緒に楽しむ

 

ということになります。

 

食べ方に少々コツの必要なチョコレートボンボンですが、ゆっくりと楽しむことができるという意味では、優雅なチョコレート菓子かもしれませんね。

 

この記事がどなたかのお役に立ちますように…

 

コメント