幸せを感じるための考え方。恵まれていることにも敏感になろう

気持ちのこと

スポンサーリンク




あなたは毎日、育児や仕事に追われていませんか?
そんな毎日に辛くなっていませんか?

 

ある時、私はなんだか日々の生活にストレスを感じ始めたんです。
それに気付いたときは、最初「毎日、育児と仕事と家のことに追われているからかな?」と思って、娘1が生まれてからのことを振り返ってみたけど、「いやいや、当時はこんなにキュウキュウしてなかったぞ?」と思い直してみたり。

 

よくよく考えてみると、こんなに一日がバタバタで「ちょっとしんどいな~」って思いはじめたのは、娘2が生まれたタイミングで実家の居候も解除して世帯独立してからかもしれない。

 

 

うん…(-_-)

きっとそうだ。

 

 

私自身は祖母と同居の三世代同居で育ってきて、幼少時は祖母の畑に遊びに行ったりよくしてたし、実際、親に買い物に連れて行ってもらったことも記憶にない…。

 

親は自営業だったから母親も家にいたはずだし、お勤めのお母さん世帯の子に比べたら、記憶もたくさんあってもいいくらいだけど、祖母の方が思い出は頭に残ってる。母親からしたら祖母はちょうどいいベビーシッターがいる感じだったのかもしれない。

 

それに比べたら、保育園に預けてるとはいっても送り迎えは発生するし、ご飯支度や弁当作りもしないといけないし。+お勤め仕事。

 

朝起きてからバッタバタになるのは当然だ。自分がしないと誰もしてくれないんだから。

スポンサーリンク

 

「全部自分がしないと…」のプレッシャーがストレスの原因

世帯を独立してみて感じたことは、全部、自分が「最後の砦」「背水の陣」状態。

 

私が見落としたら、誰も気づくことがないから期日のあるものに関しては、そのまま不都合につながる…。そのプレッシャーとストレスがだんだん辛くなってくる。これは旦那さんの性格にもよるんでしょうけど、うちの場合は私に何でもかんでも丸投げで…。

 

言い換えれば、金銭管理などは私がしているので自分の思うようにできるけど、それは独身時代とは「似て異なり」。夫婦のお金とは言っても、自分の稼ぎは全部自分のものではないし、家族のために使うので、二馬力で何とかやりくりできている現在では自由にできるようで、できない(-“-)

 

時々、独身時代が懐かしく感じる時がある。
自分のやりたいように、自分のペースで何でもできる。

 

人の世話に時間を取られることもなく、全部が自分の時間。
好きな時間に昼寝して、好きな時間に好きなものを食べて、好きな時に買い物に行って、マッサージに行って…。

 

 

あぁ~妄想するだけでも幸せ…(゚∀゚)♪

 

あぁ~もう一度気楽な独り暮らしがしたい…

 

 

一時期、しょっちゅう思ってました。

 

 

でも、きっと本当にそうなったら、一緒に笑ってくれたり大きな声で歌ってくれたり凹んだ時に頭をなでて慰めてくれたり、走ってきて抱き着いてくれたりしてくれるかわいい存在がいなくなるってこと・・・。

 

 

どんなに今、蹴ったり、叩いたり、大泣きしたり、大騒ぎで大変でも、いざそうなったら・・・。

寂しいっておもうんだろうな・・・。

 

 

一度知ってしまった家族という形の幸せ。

 

 

子供のおもしろさ、ありがたさ。

 

 

どんなに振り回されて腹が立っても、イライラしても、「もうイヤだ!!」ってなることばかりだとしても、手放すなんて考えるのはナンセンスだな。

 

 

 

イヤイヤ( ゚Д゚)!!

 

ナイ( ゚Д゚)!ナイ( ゚Д゚)!ナイ( ゚Д゚)!

 

あり得ない( ゚Д゚)!!

 

日々の忙しさに追われていると、そちらに気を取られてしまって、そのことに意外と気付かないものなんですよね。

 

スポンサーリンク

最後に…

そうやって考えると、仕事でも家族でも何でもあるのは当たり前じゃない。
大切にしないと。いつ何時、望まない形で失うことになるかわからない。

 

仕事を優先すれば家族のことがやりきれない。
家のことを優先しようとしたら仕事の結果が人より劣る。

 

「自分だってもっとできるのに」と思うと、家族の存在が足かせのように感じる時もある。

 

「隣の芝生は青く見える」と言うか、自分の芝が枯れ果てているようにみえて凹んでしまう時もある。劣等感の固まりになることもある。

 

それも、競争社会で働いていると実感する事実でもあります。

 

でも、職場の人たちが結婚するのに難儀していたり、一人目の妊活に難儀してるのをを見ていたら、自分はある程度の勤務時間で収入も確保できているし、夫もいて子供もいて…。

 

自分の足元を見て、その現実に目を向けてみたら、「自分はどんなに恵まれているのだろうか」という事に気付く。

 

仕事と私生活を別々にみると両方が中途半端な感じで悶々としていたけど、人生のトータルで見たらバランスがいいのかもしれない。

 

 

自分は恵まれてる。

 

 

人は自分が与えられている恵まれている部分について気づかないことが多いのかもしれない。

 

人のことを羨む時間があったら、時には立ち止まって、自分の中で「人よりも恵まれている部分」について見直してみよう。

 

 

すると、意外と逆に人から「羨ましい」と思われることがたくさんあることに気づいた。

 

 

こちらが「そっちの芝は青くていいなぁ~」っと思っていても、その芝の所有者からみたら、こちらの芝を「そっちの芝は青々と茂っていていいなぁ・・・」と思っていることも。

 

 

メンタルが落ちていると、よそのことが羨ましく見えるもので。

 

そんな時はあえて、人のことに脇目もふらず、自分の道だけをしっかり見て進むことが一番の現状打破の解決策だと思います(●´ω`●)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

敏感すぎて傷つきやすいあなたへ【電子書籍】[ 武田双雲 ]
価格:850円 (2019/6/10時点)

楽天で購入

 

 

コメント