散らかる書類をサクサク綴じるために文房具を見直す

仕事のこと

スポンサーリンク




先日、パソコンの勉強のために購入した電子書籍を冊子にするためにプリンターを買ってきたのですが、無線で操作する設定をした時点で疲れ果ててしまい、そのままになっていました(^_^;)

ですが、「これでは買っただけで納得している何もできない人になってしまう」と危機感を感じ、昨日の帰りにホームセンターによって、コピー用紙と冊子づくりに必要なホッチキスを買って帰りました。

スポンサーリンク

ホッチキスは家に何個かあるのですが、すべて100円ショップで買ってきた一般的なもので、これから冊子にしようとしている電子教材は何百枚と印刷してまとめるので10枚そこそこの枚数しか綴じれないホッチキスでは用をなさないと思ったので。

 

ホームセンターの事務用品のコーナーで私が手にしたのは、こちらでした。
MAXという会社の『Vaimo11(POLYGO)』

 

MAXという会社は知らなかったのですが、ホッチキスの芯をみて「あぁここの会社の製品なんだ(゚∀゚)」と見慣れた会社ということに帰ってから気づきました。

これ↑ 見たことありませんか?MAXという商品名だと思ってましたが、会社名だったんですね(笑)

 

こちらの商品は綴じ枚数2~40枚で、しかも「軽々」と書いてありました。そして、芯を入れるところの側面に小さな穴が3つ開いていて、針残数が一目で見えるようになっています(゚∀゚)配慮ですね~

 

本当は80枚綴じのが欲しかったのですが、そこまで行くと値段が4000円近くになったので、このくらいで。そうそう80枚もまとめて綴じる機会もないですしね(。-_-。)

スポンサーリンク

さて、今日は朝から冊子を作っているのですが、節約のため教材をA4サイズの紙に2ページずつ印刷していってますが、それでもかなりの量になってきました。インク足りるかな・・・(_;

 

そして、プリンターが頑張ってくれたものをまとめて、40枚ごとにホッチキスで留めていきます。

40枚対応ということもあり、紙をはさむところも8㎜もの幅があり楽々と挟むことができました。

 

そして、片手でガッチャン!!!

 

 

おぉぉぉぉ~( ゚Д゚)!?!?!?

 

 

全然力がいらない(゚∀゚)!!!!!

 

 

高校生の時に剣道部のくせに握力が100切るくらい、握る力のない私でも全く問題なくらい楽ちんです!!

コピー用紙40枚となると、厚みにして5㎜を超える厚み。普通のホッチキスなら両手で思い切りオリャ~ッ(・`д・´)っと力を入れてしているであろう厚みなのに、片手でパッチンッ!!一発で綴じきるのでホッチキスの芯も無駄になりません!!

 

 

文房具ってものによってこんなに使い心地が違うんだ(゚∀゚)

 

 

何とも楽ちんに綴じることができるので、ウハウハと小躍りしてしまいそうなくらいです(笑)

スポンサーリンク

一般的なホッチキスより少しガッチリしてるぶん、ホッチキスの芯も「NO,10」というタイプではなく「No,11」というものを使うのですが、ホームセンターで見たところ、1000本入りで税別98円というくらいだったので、ランニングコストもそんなに気になることもないです。

 

1000回目のガッチンはいつの事になるだろう?

 

最初は「手持ちのホッチキスで良いかなぁ?」っと思っていましたが、そうしていたらきっと今頃、ホッチキスの芯は無駄に使いまくり、なかなか綴じれない紙にイライラし、小刻みに閉じられた大量の小冊子にストレス爆発してたと思うので、必要経費と割り切って買ってよかったです( ´∀` )

 

これから、いろんな調べ物をしたりして書類も増えるでしょうから、使うことも多くなると思いますし、むしろ使い倒すくらいの気持ちでいないと、仕事にはできません。

 

もし、家でレシートの整理や、クレジット明細の整理や、子供さんのプリンターの整理や、お気に入りのレシピの整理や・・・

 

バラバラとまとまらない紙の整理に困ってる方がいたら、ちょっとホッチキスを見直して活用してみるのもいいと思いますよ。

 

40枚も一度にガッチン出来たら、裏の白いチラシをまとめてガッチンしたら、一度に結構な厚みのメモ紙も来ますしね~( ´∀` )

 

 

コメント