妊婦の風疹抗体数値が変わった!

妊活のこと

スポンサーリンク




昨日で妊娠5ヶ月目に入りました。

で、今日は定期検診に行ってきました。

 

お腹のエコーをしてもらった後の話で、「赤ちゃんは標準値で大きくなってますし、とくに異変もないですよ。」という言葉をもらった後、カルテに書いてあった「出生前」と言う文字に反応していたけど、「あ!それ出生前診断を受けるかどうかって話をしたからだと思います。でも、受けなくても良いかなってことにしました。」と言うと、納得しておられました。

前回の診察の時と先生が違ったからビックリされたようでした。

スポンサーリンク

妊婦の風疹の抗体数値が変わったらしい

その後、前回の血液検査の結果についての話になったのですが、「お母さんの方は特に~」と言いかけて、「ん?風疹の抗体数値が少し低いかな?」とのこと。

チラッとカルテを見てみると「16」と言う文字。

「これまでに風疹の注射とか打ってる?」と聞かれたけど、子供のころのことは覚えてないし、これまでの二回の妊娠では「低い」って言われたことないし。

と、先生にそのことを伝え、「低めって言うのは、今まで言われたことないんですけど、前回の妊娠以降で数値が下がっているんですか?」と聞いたら、前回と数値は変わってないらしい。

ハテ??
じゃぁ、なんで低め??

と思ったら、何年か前に世の中で風疹が流行して以来、安全基準値が上がったらしく。
最初のころは「8」でもOKだったらしいのですが、数年前までは「16」に上がって落ち着いていて、近年の風疹流行で「32」にラインが上がったらしいです。

倍数で上がっていくから、16の倍なんですって(^^;)

 

スポンサーリンク

まとめ

でも、風疹は接触感染でもなく、飛沫感染でもなく、空気感染・・・。

すれ違っただけでも感染しちゃう(>_<)

でも、すでに妊娠中の私は予防接種もできないので、できる対策は「風疹が出たと聞いたら、その近くには行かないこと」と言う先生のアドバイスだけを気にして、気を付けるしかないそうです。

あと三ヶ月で産休に入る予定なので、そこまでしっかりと身の回りに気を付けて、その後は世間から遠ざかります(笑)

妊婦の風疹も気を付けないといけないけど、妊婦さんじゃなくてもみなさん健康には気を付けましょうね(=゚ω゚)ノ

コメント