子供の歯磨きを歯ブラシに切り替える時期はいつ?

子供のこと

スポンサーリンク




あなたはお子さんの歯磨きのことで次のような疑問を持っていませんか?
『子供の歯が生えてきてからずっと歯磨きナップなどで拭いてきたけど、
みんな歯ブラシに切り替えるのはいつからなんだろう?』

 

そう、赤ちゃんの頃は歯磨きはガーゼなどで拭けばOKでしたが、その次の段階の「歯ブラシの使用時期」となるといつからなのか疑問ですよね。

 

一般的には「歯が生えそろってきたら、いよいよ歯ブラシの出番ですよ!」と聞きますが、でも具体的にはいつ頃になったら歯ブラシデビューすればいいんでしょうか?

 

そこで今回は、お子さんの「歯磨きをガーゼから歯ブラシに切り替える時期」と、その時にありがちな「歯磨きを嫌がったときの対処法」を紹介しますね^^

スポンサーリンク

子供が歯磨きを全力で嫌がる!?その理由は?

歯ブラシを使ってしっかりとした歯磨きをする時期の目安としては、お子さんに上下の歯が4本くらい生えてきたら、いよいよガーゼを卒業して、歯ブラシを使って歯磨きする時期です。

 

年齢でいうと、だいたい1歳になった頃ですね。

 

でも、いざ歯ブラシで歯磨きをしようとすると、全力で嫌がられてしまいます…。私も今、二人の子供がいますが過去を思い出しても、二人とも例外なく全拒否してました(笑)

 

歯を磨かないと虫歯になっちゃうのに、ギャン泣きされて、さらに全拒否されては、パパもママも困り果ててしまいますね(;´Д`)

 

では、まずは赤ちゃんの気持ちの部分から考えてみましょう!

 

まず、なにが赤ちゃんが歯ブラシを嫌がる理由なのかと言うと、「口の中に歯ブラシが入るのが怖い」であったり、「なんだか気持ち悪いから」なんですよね。

 

また、その他にも「ずっと口を開けていることが嫌」だったり、「歯磨きしている時のパパママの顔が怖いから」という理由もあります。

 

こうやって理由を知れば、「あぁ…なるほどな…(゜_゜)」と納得するところもありますよね。

 

ということで、これを理解した上で赤ちゃんが歯ブラシを嫌がらないように、赤ちゃんにとって快適に磨けるような方法を考えてあげると良いですよ。

スポンサーリンク

子供が歯磨きを嫌がったときの対策は?お勧めの対処法はこれ!

では、子供が歯磨きを嫌がった時におすすめの対処法を紹介します。

 

・柔らかい歯ブラシを使い、まず慣れさせる

誰でもいきなり得体のしれないものを口に突っ込まれたら、誰でもびっくりしますよね。

 

そこでまず「大人が口を開けさせて歯ブラシを口に入れること」から始めましょう。

 

そして、初めての歯ブラシは必ずシリコン製など、柔らかい感触の毛足の短いものを選びましょう。

 

そして、いきなり口を開けさせて磨いたりせずに、まずは歯ブラシを持たせて噛み噛みさせると良いですよ。そうすれば歯ブラシへの恐怖感も薄くなり、そのうちに慣れてきて歯ブラシの感触を嫌がらなくなります。

 

・休憩をはさんで長時間口を開いたままにしない

口をずっと開けていると疲れてしまうので、歯磨きの時は少し休憩を挟んで口を閉じさせるようにしましょう。

 

一度口を開けてくれたら、一気に歯磨きをしてしまいたくなる気持ちもわかりますが、一度にキッチリと磨くのは結構時間がかかるものです。

 

口の開けっ放しは、唾液もたまりますし、呼吸もしにくいのでその辺りは気にしてあげた方が良いでしょう。

 

・歯磨きの時はなるべく怒らない

こちらは「虫歯にならないように!」という優しさでしている子供の歯磨きですが、あまりにも大号泣されて歯磨きを嫌がると、親としても疲れてしまいますし、苛立ってしまうことだってありますよね。

 

そうすると、無意識に歯ブラシに力が入って痛くしてしまったり、表情も変わってきたりして、字画がないうちに言動に現れてしまい、そのパパやママのイライラはお子さんにも伝わってしまうんです。

 

そうすると、お子さんにも「歯磨き=親が怖い」とインプットされてしまい、ますます嫌がるようになることも。

 

なので、そんなことにならないように、そこはグッと堪えてお子さんをリラックスさせるために優しく笑顔で磨いていきましょう。

 

例えば、子供用の歯磨き動画や絵本などを見せて、「歯磨きは楽しいものなんだ」と思わせるのがおすすめ。子供向けの歯磨きの歌などを流しておくとより効果的ですよ!

 

・親が歯磨きしている様子をみせる

子供は親がしていることに興味津々。
そこで、お子さんの歯磨きをする前に、まず親御さんが歯磨きしている様子を見せてあげましょう。

 

なるべく楽しそうに磨くことで、お子さんも嫌がることが減っていきますよ!

 

・リアルな虫歯の画像を見せる

もし、お子さんが2~3歳くらいで、だいぶん理解力がついているようでしたら、リアルな虫歯の写真画像を見せて「歯磨きをちゃんとしないとこんなことになってしまうんだよ?良いの?」と、説明してみましょう。

 

リアルな虫歯の写真は、絵本などに出てくるような優しい印象はありませんが、「こんな事になったら嫌だ!」「痛そう」「怖い」というイメージを持たせることで、最初は嫌がっても説得しやすくなることもありますよ。

 

スポンサーリンク

最後に…

いかがでしたか?

 

今回は「子供の歯磨きを歯ブラシに切り替える時期」と、その時にありがちな「子供が歯ブラシを嫌がったときの対処法」について書いてみました。

ガーゼで磨いていた赤ちゃんの歯磨きも、1歳になったら歯ブラシデビューしましょう。

 

柔らかいシリコンブラシを選んで、途中休憩を挟みつつ、音楽を流したりしながら、楽しい雰囲気で磨いていくのがおすすめ!

 

どんなに泣いて嫌がったとしても、怒ると逆効果になってしまうので、お子さんが歯磨きの重要性が理解できるまで気長に取り組んでくださいね。

 

 

 

 

 

コメント