【簡単おやつ】マーブルチョコで子供と一緒に簡単カラフルクッキー!

食事のこと

スポンサーリンク




先日のバレンタインデー。

うちはバレンタインデーが結婚記念日というベタな感じなのですが・・・

毎年、買ったチョコレートを渡すということはなく、何かしらのお菓子を作るようにしてます。

 

スポンサーリンク

新婚のころは丸く作ったクッキーに爪楊枝とスプーンを使ってスマイルの顔にしたりしてましたが、そのうちにチョコレートとホットケーキミックスを使ったチョコスコーンになったり、去年はどこぞかで見たオレオクッキーの乗ったマフインが食べたくなって、見た感じだけそれっぽいマフィンを作りました(^^;)

 

 

今年は娘1もお手伝いできるくらいまで成長したこともあり、一緒に何かできないかな?と試行錯誤した結果、焼きドーナツかクッキーを焼いて、見た目にかわいいマーブルチョコをデコレーションしたらどうだろう(゜゜)?というアイデアが浮かびました。

 

 

とりあえず娘1にドーナツとクッキーの二択で質問したところクッキーがいいとのことだったので、前日にクッキー生地だけを仕込むことに。。。

 

 

と言っても、大きいサイズのビニール袋に小麦粉と砂糖を入れてフリフリし、マーガリンを入れて捏ねてまとめ、そのまま麺棒で伸ばして冷蔵庫に入れただけですけど(;’∀’)手も汚れないし、調理器具もいらないし、汚れない・・・簡単です(笑)

 

 

まぁ、このレシピは何年もお世話になっていますが、いつも「厚手のビニール袋に粉を入れ」と書いてあるのを見て、買ってきた普通のビニール袋の中でも厚めの方を選んでしても途中で破れて、結局はマーガリンで中途半端にベトベトの扱いにくい状態をボールに移さないといけないという簡単ではない作り方になっていたのですが・・・。

 

 

やっぱり年齢を重ねると賢くなりました!!

 

スポンサーリンク
 

もうビニール袋ではなく、最初から強気で保存袋のジップバックでしてみたら、見事に正解だったようで、しっかり混ぜれる上に麺棒で伸ばすときもビニールが無駄にシワになることもなかったし、やりやすいこと(゚∀゚)!ビックリ

 

 

市販のビニール袋は厚みが0.015㎜と0.02㎜が多いですが、0.02㎜でも前回苦戦したので「これ以上の厚めってどんなんだい!」と、ふてくされることもあったのですが・・・。

 

 

今回、「厚めのビニール袋ってこういうことだったのか( ゚Д゚)」とわかりました。これからまた頻繁に作りそうです( ´∀` )

 

 

さて、前日に捏ね、そして伸ばしておいたクッキー生地ですが、翌朝になりパソコンの作業をする前に冷蔵庫から取り出し、ジップバックの両端を割いて上の方だけペロッと剥がしたら、そのままナイフで縦横にカットして、天板二枚に並べオーブンへ=3

 

 

 

待つこと20分。。。

 

 

 

キレイに焼けました(゚∀゚)

 

 

ひとまずは保管しておき、仕事の後、娘たちが保育園から帰ってきてから仕上げの作業に取り掛かることに(-ω-)

 

スポンサーリンク
 

用意したのは、朝4時から焼いたクッキーと、デコチョコペンとビックサイズのマーブルチョコ。

 

 

お菓子はよく作っていたのですが、このデコチョコペンなるものは初めて使うので、よく使い方がわからず(・_・)?

 

 

説明書きを見ると「50℃くらいのお湯につけて溶かしてから使ってください」と書いてあったので、沸かしたお湯をマグカップに入れてデコペンを浸けておきました。

 

 

そして、娘1がお風呂から出てきたので台所に入れ、「クッキーにペンでチョコを絞るから、そこにこのマーブルチョコを乗せるんよ。わかった?」と、作業工程と任務を確認して、デコペンの先を切り、いざいざ!!!

 

 

しかし、作業をしていると思いのほか、このデコペンはすぐに先の方のチョコが固まるらしく、ノリの役割をするべきチョコが出てこない”(-“”-)”

 

 

先を切ってしまっているのでペン先をお湯に浸けるわけにもいかないので、何度も何度も湯沸かし器のスイッチを入れて熱い湯気を出して、そこにペン先をかざして溶かしては絞り、溶かしては絞り・・・かなり大変でした((+_+))

 

 

すぐに固まるデコペンにイライラしている母親に「早く付けないとチョコが固まってくっつかなくなるから早く!早く!!」とせかされ、時間に追われた職人のように前かがみでセッセッとマーブルチョコを置かないといけないことにビックリした様子の娘1。

 

こんなに急いでやらないといけないんて思っていなかったらしく、あまりの想定外の出来事に、終わってから一言。

 

 

「早すぎるよ・・・疲れた・・・」と(;’∀’)ごめん

 

 

でも、そんな瞬時に固まるデコチョコペンにもメリットはあり、マーブルチョコを付けた後に冷蔵庫で冷やさないといけないと思っていたのに、そんなことをしなくても常温でしっかりとクッキーにマーブルチョコをくっつけてくれました( ´∀` )

 

 

で、↓出来上がったのがこちら

 

とってもカラフルでかわいい感じにできました( *´艸`)

 

 

スポンサーリンク
食べた感じのイメージは「もしかしたらマーブルチョコのカリカリが悪目立ちするかなぁ?」と心配していたのですが、ベースを焼きドーナツではなくクッキーにしたのが良かったみたいで、サクサクカリカリが何とも絶妙ないい食感になっており、夫にも高評価をいただきました( ´∀` )♪

 

 

娘1も最終的には楽しかったらしく「また作ろうね(^^)」と言ってくれましたし。

 

 

これなら毎年これでいいかな?ってくらい簡単で、見栄えも良く、美味しかったので、来年もこれで行こうと思います。

 

 

むしろ、何でもないときにも娘と作ろうとか、娘1のお友達の家に遊びに行くときにも焼いたクッキーや市販のビスケットとデコチョコペンとマーブルチョコを持って一緒にしてもいいなって思いました(^^)

 

 

ただ、問題はあのデコチョコペンの固まりやすさ・・・

 

 

来年は、デコチョコペン対策にホッカイロを用意しとこうかな”(-“”-)”

 

 

コメント