【時短料理】ヘルシオで餃子を大量に焼こう!!

食事のこと

スポンサーリンク




主婦の毎日の一大ストレス。

何だと思いますか?

それは・・・

 

 

 

夕食の献立を考えることと、作ること”(-“”-)”

 

 

 

仕事から帰ってから最低でも一時間はかかる調理時間。毎日時短したいけど、なかなかそうもいかない容量の悪い私・・・。

 

 

でも、何日かに一回くらい「ただいま~!」から30分くらいでご飯に入れることもあります。

 

 

それは、前の日のカレーを翌日も食べるときと、うちのヘルシオさんを上手く使って料理ができたとき。

 

スポンサーリンク

 

前の日のカレーというのは、やはりレンジでストックの冷凍ご飯を解凍している間に、鍋ごと冷蔵庫にはいていたものをIHで温めなおしていくだけなので、温めている鍋の様子を見ながらサラダヨーグルトの用意をしておしまいです(‘ω’)早い

 

 

でも、ヘルシオさんを使って料理をする時は、調理中についていなくてもいいので、その間に娘たちの入浴もさせることができるので、食事以外の時間も効率よくつかえて時間の節約ができます!

 

 

子供たちの入浴だけでも30~40分近くかかりますからね。帰宅後すぐに入れれば調理開始が遅くなるし、食後にとなると「食べてすぐは無理(>_<)」と、腹休めの時間がいるので、さらに時間が必要になり、トータルで見ると必然的に寝る時間も遅くなり、怒る回数が増えるという良くない結果にもつながりやすくなります・・・。”(-“”-)”良くない・・・

 

 

私がヘルシオさんを使うのは、だいたい温泉卵を大量に作ったり、鶏むね肉をボンボンのせて鶏ハムを作ったりがメインですが、調理と言えば「焼きそば」と「餃子」が多いです。

 

 

焼きそばは以前にも記事にしたのですが、餃子も簡単です。

CHECK!>> 【ヘルシオ】時短料理(焼きそば&ポーチドエッグ)を作ってみた

 

 

天板にクッキングシートを敷いて、その上に乗るだけ並べます。そして、上の段に入れて、タッチパネルの「まかせて調理」を押し、「焼く」を選んでポチッ。

 

 

 

これだけです。。。

 

スポンサーリンク

 

実際にはこんな感じで、一気に大量に焼きます。

 

 

確かにフライパンで焼いたようにしっとりパリパリッとか、ハネが付いたりはしませんが、四人家族分をある程度いっぺんに焼き上げるので早いですし、油も何も使わないのでフライパンやホットプレートで焼くより片付けも楽ちんです。

 

 

ザッと数えても50個くらい焼きあがってます(笑)

 

 

出来上がりはパリパリと言うよりは、「カリカリ」と言うか「カリッカリッ」です( ´∀` )

 

 

でも、我が家の子供たちはカリカリ系の物が好きなので、こちらでも今のところ問題ないようです。

 

 

時間がある時はもちろんホットプレートを出したりして、しっとりパリパリの餃子もしますが、忙しい時は割り切ってカリカリ餃子。

 

 

これなら最初に冷凍ストックご飯をレンジ解凍スタートして、解凍中に餃子をパックから天板にセッセッと並べてしまい、レンジが開いたら餃子を入れてスイッチポン。ヘルシオさんが頑張ってくれている30分チョイの間に子供たちと入浴。

 

 

30分過ぎには、子供の入浴も夕食のおかず作りも完了!!っと、いう感じです。

 

 

まぁ・・・毎日餃子と言うわけにはいかないので、たまの手抜きということで(●´ω`●)

 

 

でも、本当に楽ちん♪是非してみてください(゚∀゚)

 

 

 

コメント