ドウシシャのかき氷器がお勧め。美味しく暑さ対策をしよう!

家電のこと

スポンサーリンク




我が家では一昨年から、夏の経費削減のため「かき氷」をよくするようになりました。

一昨年と言うと、自宅を建て、私の実家から世帯独立した年で。

 

実家にいた時は娘1もまだ二歳前だったのでアイスを食べさせることもなく、大人だけで食べるぶんには「パルム」などのこってりラクトアイス系をよく食べていました。

 

スポンサーリンク

 

 ラクトアイスからかき氷に切り替えた理由

しかし、世帯独立をすると何かと出費もかさむし、娘1も二歳を過ぎると大人の食べているものも気になり始めるし。

 

 

娘2に関しては、ほぼ同じ歳の姉が食べていれば「私にもちょうだい!」と言ってきますし。

 

 

そうなるとあげないわけにもいきませんし…。

 

 

かと言って、一本で100円くらいするアイスを人数分・回数買うのは経費が掛かるし、子供にラクトアイスのような脂肪分の強い物を頻回に与えるのも抵抗があるし・・・。

 

 

子供に関しては食事の塩分とか糖分とかも気にして、本来は薄味にしたりしないといけないくらいですからね。(娘1の時は結構気にしていたけど、娘2はザックリになってきてますが・・・(汗))

 

 

それに、夫は「脂質異常症予備軍」。脂肪分は敵です!!

 

 

と言うことで、経費削減と、カロリー制限とを兼ねながら暑さをしのぐデザートとして目を付けたのがかき氷( ´∀`)

 

 

でも、確かに店舗で売ってるかき氷は他のアイスたちに比べると安価なんですが、それでも何度も買うとなると費用は掛かるので、どうしたものかなぁ?と思っていたところ、別件で行った家電屋さんで見つけたのがこちらでした。

 

 

店頭に並んでいたのは赤と黒とゴールドで。

 

 

白色家電が好きな私は迷わず「白色ないですか?」と、定員さんに聞いてみたのですが、白色はコードレスタイプのみでした。

 

コードレスタイプは、我が家の場合においてアイロンも掃除機も買い替え時にコードレスにしたので、どこにでも持ち歩けて取り回しも楽ちんで、とても便利なのはわかっているのですが、いかんせん充電が必要だったりで数分から数秒は待たないといけなかったり、恐らくかき氷機などになると電池式で買い置きが必要になるんではないか?と思ったんです。

 

 

そうなると、せっかちで節約重視の私からすると、「そこを無しとして白色に流れるのは意味がないな」っと思いまして、コード付きの赤と黒の二択で選ぶことにしました。

 

 

前回の在庫処分ヘルシオと同じです。色よりも現実です。

 

 

そして、私が選んだのはヘルシオと同じ「赤」。
ヘルシオの前例があったのでそれと同じにしようと思ったので決断は早かったです。

 

 

持ち帰って早速、冷蔵庫の氷をゴロゴロといれて、かき氷を作ってみました。シロップはなかったのでとりあえずカルピスをかけてみました。

 

 

操作は簡単です。冷蔵庫の自動製氷機から氷を入れて、ボタンを押すだけです。それでかき氷ができます。

 

 

私が子供の時もかき氷機はありましたが、丸い専用の容器で氷を作らないといけなかったり、その容器も水が凍りになる段階で水が膨張することで頻回に割れてしまったりしていたので、かき氷機を買うのに「専用容器がついている」というのは選択肢から即却下だったんですよ。

 

 

確かに、最近よく見る高機能な「フワフワなかき氷が作れますよ~♪」と謳っているかき氷機も気になるんですが、そのタイプはだいたい「専用容器使用のみ」と書いてあるので、見てみてください(●´ω`●)

 

スポンサーリンク

 

ドウシシャのかき氷器が壊れた

そんな感じで、「コード付きですぐ使える」「スタンドタイプで場所を取らない」「専用容器不要で製氷機の氷でOK」と私のかき氷機の優先条件を満たしていたのが「ドウシシャ  大人のかき氷機」だったんです(●´ω`●)

 

 

が、

 

 

が!

 

 

 

購入から二年目にして、滅多に台所に入らない夫が珍しく自分でかき氷を作ろうとして、氷を入れた後に上のパーツを閉めようとした、その時・・・

 

 

 

ボキッ!!!!

 

 

・・・・・・・( ゚Д゚)!?

 

 

 

氷を抑え込むトゲの付いた軸を折ってしまいました・・・(-“-)

 

 

この後、娘たちが大泣きしたのは言うまでもありませんが、これでかき氷は食べれなくなってしましました(ノД`)・゜・。

 

スポンサーリンク

 

ドウシシャのかき氷器を買ったら、仕様が変わってた

残ってしまったシロップもあるし、どうしようかな?っと思いつつも、そろそろ夏も終わりそうだったので、去年はそのままやり過ごしていたのですが、今年に入って「やっぱりかき氷機いるよな~」っと思い始め、何度かかき氷機売り場へ足を運びました。

 

 

今年もいろんな形や種類があったのですが、やっぱり「フワフワで口の中でとろける~」という謳い文句に反応はするものの、「前回のと同じが場所も取らないしいいな」と私の中の優先条件が変わっていなかったので、同じものにしました。

 

 

でも、この度買って帰った二代目「ドウシシャ  大人のかき氷機」は、下の氷をかく刃のところに取っ手と言うかネジのようなパーツがついていました。

 

 

「前はこんなの付いてなかったけど・・・」と思い、箱を見てみるとネジを回すと刃の角度が変わって、「ジャリジャリ氷」と「フワフワ氷」の二種類ができるそうなんです( ゚Д゚)

 

 

やっぱりドウシシャさんも人気商品となると開発費用をかけてきますね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は赤を売っていなかったので黒を買いましたが、真っ白な台所にポンッと立てておいても、夫が存在に気が付かないくらいのシンプルさで、これはこれで良かったのかもしれません。

 

 

さてさて、もうすぐ夏になります。
しっかり働いてもらいましょう( ´∀` )

 

 

 

↓2018年度版はネジ付きです!

コメント