つわり時期に食べれるものを考える。

妊活のこと

スポンサーリンク




先の記事で妊娠周期62日目に食べれるものが「リッチ鮭茶漬け」だった私ですが。
その数日後には、お茶漬けも食べるのが辛くなってしまいました(;´Д`)

スポンサーリンク

そして、結局、食べれるものとしてのテッパンは「冷たいフリカケおにぎり」。
それが一番身体に優しい様子(゜_゜)

 

それでも、いつも通りにパクパク食べてしまうと急に気持ち悪くなってしまったり、かと言って何も食べないと今度はお腹がすきすぎて気持ちが悪くなってしまったり・・・。完全に胎児に翻弄されています。

 

そんな感じの毎日なので日々何が食べれるかを模索しながら生活をしておりますが、ここ2~3日食べれるものがありました。

 

 

それは「チクワときゅうりのサラダ」

 

 

サラダと言っても、チクワときゅうりをスライスしてマヨネーズで合え、塩コショウで味を調えただけのものですが、チクワの旨味と、適度な塩気、冷たい感じがスッと胃の中に入ってくれました(^^)ウマい

 

でも、何でも一度に食べ過ぎは同じ結果になるので要注意ですが(^^;)

 

 

そんな繰り返しでの気づきで、「温かいものが食べれないということは、冷たいものにすればいいんだな」っと思ったので、日やご飯だけでも楽しめるようにいろいろ買って来てみました。

 

 

少し甘い感じがうれしい「ツボ漬け」
塩気が欲しいとき用に減塩タイプの「たくあん」
たまに辛いものが食べたくなるので「辛子高菜」
ちょっとすっぱいものが食べたくなった時のために王道の「梅干し」

 

 

辛子明太子が無性に食べたくなるのですが、生もの&魚卵というのは、やはりリスクが高い気がして。

 

何度も買い物かごに入れたり出したりしましたが、今我慢しないと何かあったときに後悔してもしきれないので、ここはグッと我慢です(;´Д`)

 

妊娠中と言うと「すっぱいものが食べたくなる」とよく言われますが、私の場合あまり酸っぱいばかりの物はあまり得意ではなく・・・。

 

みかんも好きだけど、やっぱり甘酸っぱい方が好きだし・・・。

 

 

なので、上に「梅干し」とは書いたのですが、購入時に結構悩みました。
「買ったは良いけど口に合わずに食べれない」では単なる無駄がいになりますから。

 

ここだけ読むと、悩みの焦点は「すっぱいものが食べれるか?食べれないか?」についてのように感じますが、私の悩みはちょっと違います。

 

冷ご飯+梅干しは食べたいのは気持ちが決まっていたのですが、なんとなく「すっぱいだけの梅干し」は受け付けない気がしたんです。例えば、カリカリ小梅のような酸っぱい梅干しです。

 

なので、ここでの悩みの焦点は「はちみつ漬け梅干しが良いかな?」とか「かつお(ぶし)梅干しが良いかな?」って感じの悩みだったんです。これが結構悩むポイントで何日も決まらなかったんですよ(^^;)

 

で、一週間くらい悩んで出した結果は「自分でアレンジする」ということでした。

 

 

結局買って帰ったのはごくごく普通のお手頃価格の中振りの梅干し。
それらを寿司酢に漬けるんです。

 

「漬ける」と言うと、なんだか手間な感じですが梅干しを器に移して、しっかりつかるほど寿司酢を入れて放置しておくだけです。

 

これをすると、酸っぱい梅干しも塩気と酸味が適度に抜けて、少し硬めの梅干しも梅肉がトロトロになってとても美味しくなるんです(゚∀゚)

 

昔、人からいただいた梅干しがかなり美味しくて作り方を聞いたところ「自宅で漬けた梅干しをさらに寿司酢に漬けこんだ」と聞いて、「寿司酢に漬けるとこんなに美味しくなるんだ(゚∀゚)」と思い、実母が漬けたカチカチの失敗作の梅干しを大根漬けを作った後の寿司酢に長時間漬けておいたところ、梅肉という存在がないくらいカチカチだった梅干しがフワフワになり、美味しく食べることができました。

 

 

そんな経験があったので、「やっぱりあの梅干しがいいよな~(゜_゜)」っと、一般的な梅干しをオリジナルにカスタマイズ( ´∀` )

 

一週間くらいしたら甘酸っぱいトロトロの梅干しになっているはず( *´艸`)

スポンサーリンク

悪阻期は食べ物選びも一苦労

毎日、毎日・・・。

 

 

今日はこれが食べれるかな?
あ~、なんか食欲無いな~。
夕飯作るのしんどいな~。
寝ときたいな~。

 

そんなつわり生活。

 

 

出産予定日まではあと7ヶ月。

 

 

 

あぁぁぁ、あと7ヶ月もある・・・。

 

 

 

と、ウゲウゲとゲップをしながらうつむいてしまう日もありますが、これから一生ずっとこのままではないから。

 

 

いつかは絶対終わるから。

 

 

楽しみを見つけながら乗り切ろう。

 

 

 

コメント