チーズで紫外線対策?チーズの選び方

身体のこと

スポンサーリンク




昨夜、珍しくテレビを観ました。
いつもは朝の連ドラの15分以外は娘と夫にチャンネル権を譲っているので、ほとんど観ません。と言うか、やることが多くてチャンネル権を放棄しているのが正解ですが(笑)

その久しぶりに観た番組では「発酵食品」を取り上げていました。

医学博士の方が出てきて「チーズは紫外線対策になります」と言っていたので、ちょっと気になってみてました。

 

スポンサーリンク

肌が紫外線の影響を受けるメカニズム

その先生は、「人の肌は汗をかき過ぎるとカルシウムが抜けていき肌表面が乾燥して刺激を受けやすくなる」と言っておられました。

私は12年前にフェイシャルエステの資格を取っているのですが、その時の先生には「肌は水分が抜けて乾燥すると紫外線などの影響を受けてダメージを受ける。濡れた紙より乾いた紙がよく燃えるのと同じ」と教わって納得していたので、「水分→カルシウム」と言う違いに驚きました。

でも、医学博士の先生がおっしゃるとなると「やっぱりカルシウムなのかな?」と思ったり(笑)

 

どんなチーズが良いの?

結論としては、「カルシウムの含有量の多い硬めのチーズが効果的」とのことでしたが、硬めのチーズってどれだ?ってことで。

形状・含有量としてみていくと、

クリーム・110mg

モッツアレラ・330mg

ゴーダ・680mg

チェダー・740mg

だそうです。

となると、ゴーダチーズやチェダーチーズが良さそうですが、ピザを作る時くらいしかチーズを使うことがないのでピザチーズを買う時に気にしてみようかな?と思いました。(コストコではピザ用のシュレッドチーズも多種あるけどそこいらのスーパーでもあるかな(;’∀’)?)

 

お勧めの食べ方は?

先生のお勧めは、カルシウムの吸収率を上げる「ビタミンD」を多く含んだ「しらす」と、二年以上乾燥させてつくる最もカルシウムの多い「パルメザンチーズ」を追加した、チーズトーストでしたが・・・。

ピザチーズにシラスを乗せて、さらにパルメザンチーズをたっぷり。
かなりのカロリーになりそう・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

最近はとても暑いので昔に比べると紫外線も強そうだし。
紫外線はシミやシワの原因にもなるし。

確かに対策はとらないといけませんが、この紫外線対策を実践しようとしたら、同時に、他のところでカロリー対策も必要そうです(-“-)

牛乳などの乳製品が一番カルシウム吸収率が良いとは聞きますが、どうしても乳製品が苦手で食べれないという方はサバの缶詰などの他のもので代用しても良いかもしれませんね。

 

参考商品

 

コメント