小さな女の子へのプレゼントにお勧め4選!

子供のこと

スポンサーリンク




年齢を重ねると、我が子はもちろんですが、甥っ子や姪っ子、友達の子供、同僚の子供など、周りに小さなお子さんが増えていくこともありますよね。
そうなると、必然的にプレゼントを買って持って行くという機会もあると思います。
誕生日や進級祝い、クリスマスなどイベントは盛りだくさん。

 

イベントはなくても「久しぶりに会いに行くから」と、何か手土産に買っていくこともあるかもしれません。

 

そんな時の参考までに、こんなものはいかがでしょうか?

今回は女の子に向けてお勧めの物を何点かご紹介します。

スポンサーリンク

小さな女の子へのプレゼント「ままごとセット」が鉄板‼

女の子と言えば、昔も今も変わらない王道の「ままごとセット」。

でも、一言でままごとセットと言っても、その種類や使用は多種多様。
私自身、子供がいないときはままごとセットは「パーツの数だ!」と思っていましたが、実際に子供を持ち、我が子に与えるとなると気になるのは数ではなく素材。
一般的にはプラスチック製のものも多く出回っていますが、実際のまま目線で言うと、木製のものが人気の様子。

なので、初めてのままごとセットデビューとしてはこちらがお薦めです。

 

子供の発想力は凄いので、レモンを生卵に見立てて割るようなしぐさをしてみたり、いろんな野菜のパーツを合わせて他の物を作ってみたり、思った以上にあそぶことができます。

対象年齢は三歳からとなっていますが、我が家は二歳くらいから遊んでいたので長く使うことも可能ですし、各パーツや魚などのシリーズ以外の物を後から個別で購入できることも良いところだと思います。

 

子供のおもちゃのベストセラー!「おえかき先生」

こちらは「女の子のオモチャ」と限定して言うことはできませんが、きっととても小さなお子さんから重宝されるおもちゃだと思います。
実際に、私が子供のころにも親が買い与えてくれましたし、私が使っていたものを自分の子供も使っています。何と言っても作りが簡単なので壊れにくいのが良いところです。

お母さんが何かを書いてあげたりしてコミュニケーションをとることを考えると、対象年齢は関係ないですね。

 

上に書いたように私自身も使っていた「お絵かき せんせい」ですが、今はいろんなバージョンが出ています。
私が使っていたものは実家に娘たちを預ける時に使用し、自宅には新たに購入しました。最新式は黒だけではなく赤も書けるペンが付いていたり、丸などのスタンプもカチッと固定して収めることができるので紛失もしにくいような仕様になっています。

スポンサーリンク

少し大きくなった女の子へのプレゼントはレベルアップ!

4歳以上の女の子になると、自分の意思も思考もはっきりしてきますし、手先も器用になってくるので単純なオモチャより少しグレードのアップしたおもちゃを欲しがるかもしれません。

女の子らしいもの、かわいいもの、キレイなものが大好きになってきます、お姫様志向も強くなってきます。

そんなお年頃の女の子にはこんなものはいかがでしょうか?

 

言わずと知れたリカちゃん人形

こちらは、言わずと知れた「リカちゃん人形」です。

こちらはアイテム数、関連商品の数は凄いと思います。でも、そのメリットは新たなものを買い与えなくても、シリーズの物やアイテムを買い足すことで子供自身の遊びの幅も増え、さらに持ち主の家にあれこれと物が増えることがなく助かるというメリットがあります。

シリーズの違う新たなオモチャを買うよりも、同じシリーズでアイテムを増やした方が分類するもの楽ですし、片づけをする身からすると何と言ってもザクッとまとめて片付けられるのは助かります。

 

出来上がったときの達成感が嬉しいLaQ(ラキュー)

こちらは、「LaQ(ラキュー)」という創作玩具です。

知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、小さなパーツを組み立てて、いろんなものを作り出していくというオモチャです。

ジグソーパズルでもなく、ブロックでもなく、平面も立体もつくることができるものです。例えるならプラモデルのような感じでしょうか。

実際にうちも娘が5歳の誕生日に強く希望したので購入しましたが、それまでテレビばかり見ていたのが嘘のように集中して作っていました。
説明書も入っているので、子供だけでは難しい立体物も、一緒に考えて作る楽しさもあります。

うちはレストランシリーズを購入しましたが、これもいろんなバージョンがあるのできになるものをさがしてみてもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

こちらには一例として何点か紹介しましたが、気持ちのこもったプレゼントは何でも嬉しいものです。

子供なら、ケーキ1つ、プリン1つでも大喜びです(^^)

とても小さなお子さんへなら少し大きくなってからでも使えるものや、ママと一緒に使えるもの。ちょっと大きくなったお子さんへなら一人でも遊べるものや、少し女の子らしいものを選ばれるといいと思いますよ。

どうぞ参考になさってみてください。

 

 

 

コメント