母の日のプレゼントの予算は?値段の相場はいくら?鉢植えじゃないとダメ?

イベントのこと

スポンサーリンク




母の日とは、日ごろの感謝をお母様に伝える日。年に一度、5月の第二日曜日に行われます。
日々の感謝をプレゼントという形で表現できる良い機会です。
ただ…いざプレゼントを考えるとなると、「どんなものを送ればいいの?」「いくらくらいかかるものなの?」
と迷ってしまいますよね。

そこで今回は、贈り物の代表的なお花をピックアップして、その予算や相場、送り方のスタイルをご説明します!

スポンサーリンク

母の日のプレゼントの予算はいくら?値段の相場はこのくらい!

さて、いざプレゼントを贈るといっても、まず初めに大事になるのが予算ですよね。
予算が決まらないことには、沢山の贈り物を絞り込むことができず、結局迷ってしまう結果となります。

では、一般的な相場はどのくらいなのでしょうか。
インターネットで検索すると様々な結果が出てきますが、それによると「3000~5000円」
最も多い結果となっています。
ご兄弟や家族と一緒に送るのか、送料がかかるかかからないか、といったご自身の背景も考えて、
予算を決めればいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

母の日のプレゼントは鉢植えだけ?切り花やブリザードフラワーはNG?

さて、予算が決まったら次はプレゼントの内容です。
母の日に代表的なお花はカーネーションですが、
最近ではいろいろなお花のフラワーアレンジメントを楽しむことができます。

また、鉢植え・切り花・プリザーブフラワーと、その送り方の様々。
迷ってしまいますね。

そこで、次はそれぞれの贈る形の違いによる楽しみ方、どんな方に送るのが最適かを見ていきましょう。

鉢植えの場合

まず、鉢植えは一般的に長く楽しんでいただくことができます。
つぼみのお花が咲いていく過程も楽しめますし、花によっては鉢植えから地植えに移すこともできるので、
ガーデニングが好きなお母様には最適でしょう。

切り花の場合

また、切り花は一番ポピュラーでゴージャスに見せることができます。
鉢植えほど長く楽しむことは出来ませんが、花瓶に入れて毎日水を変えれば、1~2週間は長持ちします。
食卓に飾れば一気に華やかになりますね。
ベランダや庭でガーデニングができない方にもおすすめです。

ブリザードフラワーの場合

最後にプリザーブドフラワー。
こちらは近年とても人気のあるもので、いろんな場面で選ばれています。
特殊な加工で美しい状態を5~10年楽しむことができます。
お手入れも必要なく、管理がとても楽です。
ただ、香りなどは一切しないので、お花を楽しみたい方というよりは
お部屋のインテリアの一つとして楽しむのがオススメです。
トレンド好きなお母様、普段忙しいお母様には向いているかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

母の日のプレゼント、イメージは湧きましたか?

ご自身の背景を考えた上で予算を決め、お母様の生活スタイルでお花の送り方を考えると
、スムーズにいくのではないでしょうか。

ぜひご自分がお母様のことを考えて楽しんで選んでくださいね!
お母様が喜んで受け取ってくれる姿が待ち遠しいですね!!