義理の母への誕生日プレゼント。50代から60代年齢に合わせた選び方!

イベントのこと

スポンサーリンク




結婚すると同時に始まる特別なイベントの一つ。義理の母の誕生日。

あなたは、「お義母さんにどんなプレゼントを贈ったらいいんだろう?」と悩んだことはありませんか?

 

そこで今回は、年代別にあわせて「こんなものを贈ったら喜ばれそう!」というものをご紹介しますね^^あなたのお義母さんにピッタリなプレゼントが、きっと見つかります!

 

スポンサーリンク

50代はまだ若い!そんな義理の母へのプレゼント選びのポイント!

義理のお母さんというと、年齢は様々ですよね。
若い方だと40代からということもありますが、それは稀なこととして今回は50代くらいの例から考えてみましょう。

もし、あなたのお義母さんが50代の場合。
50代といえば、今は女優さんなどできれいな方も多く、美魔女ブームなどもあり、見た目も中身も若々しい方が多い世代です。

 

お義母さんによってはまだ現役でお仕事をしている方もいますし、そのため、年齢を重ねていくことに対しての受け取りかたも微妙な年齢。

 

人によっては、あまり地味なデザインのものや、明らかに年配向けのものを選んでしまうと、「私はまだそんな年じゃないわよ!」と思われ、喜んでもらうためのプレゼントが逆効果になってしまうことも…。

 

現代の女性の寿命が80代とすると半分以上は越えているので、身体的に難しいことも増えてくる年齢ではありますが、世代的に気持ち的にもまだまだ若い方が多いので、女性らしく、可愛さもあり、少し大人っぽいくらいのデザインのものが喜ばれるでしょう。

 

そこで、お勧めしたいのは日常的に使える「メイクアイテム」です。

 

もし普段あまりお化粧をしない方でも、口紅だけはつける方も多いのではないのでしょうか。
色味のおすすめは、年代を選ばないナチュラルなピンク系のリップです。

 

ここで、リップをプレゼントとして選ぶポイントとしては、パッケージはなるべく高級感のあるものを選ぶのが良いでしょう。一目で「その辺で簡単には買えない感」をアピールすることができるので、喜んでもらえます。

予算もデパートに入っているブランドでも、口紅なら3000円~5000円前後で買えるので予算的にもそんなに負担にならないでしょう。

 

そのほか、いい香りのするブランドのハンドクリームなども喜ばれるでしょう。
顔につけるものではないので「合わなくて肌が荒れた!」なんて心配も少ないです。

 

義理の母が化粧品にはあまり興味のない場合は、化粧品以外のものを選ぶのが良いでしょう。

 

例えば、綺麗な色や柄のエプロンなどもいいですね。
服と違ってそこまで年齢を選びませんし、普段から使うものなので洗い替えなども必要なものですので、何枚あっても困りませんよ。

 

以上のように50代のお義母さんに誕生日プレゼントを選ぶポイントは、そこまで高くないけど、ちょっといいもの。

普段はあまり買わないようなものでも、お嫁さんのあなたからもらったらきっとうれしいはず。
あまり高すぎるものだと嫌みに取られる場合もありますが、ブランドの雑貨やコスメのように「ちょっといいもの」はデザインも品もあって、プレゼントとしてスマートなので、義理の母が50代の方にはピッタリなプレゼントですよ。

 

スポンサーリンク

義理の母が60代以上。物より気持ち!物にこだわらない贈り物を選ぼう!

もし、あなたのお義母さんが60代以上の場合。
60代ともなると「なにをあげたら喜んでもらえるのか?」本当に悩みますよね。

 

しかし、60代以上の方であれば「物よりも気持ちがうれしい」という方も多いです。

 

あなたがお義母さんの近くに住んでいるとしたら、ちょっといいレストランで、食事をプレゼントするのもいいですね。その際、小さな花束なども渡せば、あなたの気持ちにきっと喜んでくれるでしょう。

 

逆にあなたが遠方に住んでいるのであれば、家族の写真と手紙を添えてプレゼントを贈るのもいいでしょう。「お義父さんと一緒に使ってください」とペアのお皿やグラスを贈るのもおすすめですよ。

 

寒い季節であれば、ブランケットやマフラーなど、あったかグッズを送るのもおすすめ。「お体に気を付けて風邪を引きませんように」と手紙を添えれば、あなたの優しい心遣いにきっとよろこんでくれるでしょう。

 

つまり、60代のお義母さんにとっては、「物そのもの」よりも、あなたがどういった気持ちで選んでくれたのかが重要なのです。

 

スポンサーリンク

最後に…

いかがでしたか?

 

これから長いお付き合いになっていくお義母さん。
家族として、女性同士として、ずっといい関係を築いていくために。
お互いがあたたかい気持ちになれる、そんなプレゼント選びをしたいですね。

 

 

コメント