風呂場の排水溝の髪の毛やつまりを簡単に解消する方法は?

住宅のこと

スポンサーリンク




毎日入るお風呂。
自分はきれいさっぱりとなりますが、その分お風呂は汚れていきますよね…。

しかも掃除をこまめに行わないと、つまりやカビ・悪臭などの水回りトラブルが発生します。

とくに排水溝は髪の毛などが詰まりやすい場所。
しかし、その掃除に抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

手を汚さず、簡単にできたらいいのに…なんて思いますよね。
そこで今回は、簡単に排水溝の髪の毛やつまりを取り除くお手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

風呂場の排水溝にたまる髪の毛の手を汚さない取り方は?

お風呂の排水溝には、取り外しができるパーツが付いていますよね。
あれは、「髪の毛キャッチャー」というもので、網目状の受け皿で排水溝に直接流れ、通りが悪くなるのと防ぐために設置されています。

要はその髪の毛キャッチャーに毎日抜けた髪が溜まっていくわけです。

でも、実際には髪の毛だけならまだしも、石鹸カスやほこりも同様に溜まっていき、放っておくとヌルヌルになり、触りたくない状態に…。

そんなキャッチャーにたまったゴミですが、あるものひとつで簡単に取ることができます。

それが「ポリエチレンの袋」です。

手順は、透明のビニール袋を手に被せ、そのまま髪の毛をつかみ、袋ごとひっくり返すだけ。この方法なら髪の毛を直接触らずに済むので、手も汚さずに衛生的にお掃除ができますよ。

しかも、用意するのも100円ショップで170枚入りなどで販売しているのでとても安価に用意することができますし、改めて買わなくても、スーパーで野菜や肉・魚などを買うと、店員さんが袋に入れてくれますよね。あれを再利用すれば経済的。

もちろん買っても安価ではありますが、どうせ捨ててしまうものなので、一度何かを入れた袋の再利用もおすすめです。

スポンサーリンク

風呂の排水溝にたまる髪の毛を簡単に取る掃除グッズは?

そんな髪の毛をより簡単に集めて取れるグッズもあります。
それがヘアキャッチャーに被せるネットです。

よく「髪の毛取りネット」などの名前で売られていますが、これも100円ショップなどでもお手軽に購入可能ですし、キッチンの排水溝に使う水切りネットでも代用ができます。

これをキャッチャーに設置するだけで、髪の毛や細かい毛・ゴミなども集めてくれるので、掃除はネットを交換するだけです。先ほどの袋を手にはめて行えば、あっという間ですね。

ちなみに、お掃除をするタイミングですが、私は翌朝かお風呂を洗う前に行っています。なぜなら、このタイミングはお風呂場が濡れていないので、排水溝に溜まった汚れも乾いていることが多いのです。

スポンサーリンク

まとめ

普段はなかなか掃除をしないお風呂場の排水溝を簡単に掃除する方法はいかがでしたか?

少しでも簡単に、手を汚さず…、掃除する人誰もが思うことですね。

今回は家庭に必ずあるアイテムなので、簡単に実践できますよ。こまめに掃除を行うことで、普段から清潔な状態を保っているとなお、掃除も楽になります。

たまには袋でごみを取った後に、使わなくなった歯ブラシなどで軽くこするといいでしょう。細かいところに残っている汚れもきれいにとれますよ。

ぜひ自分だけでなく、お風呂場もキレイにしてくださいね!!