八海山のあまざけを飲んでみた

食事のこと

スポンサーリンク




カインズホームで無事に目的のものを購入したころ、夫の腹時計が鳴り始めた。

うちの旦那さんはお腹がすくと人が変わったように機嫌が悪くなる。

その豹変ぶりは結婚当初は本当に酷くて、買い物途中に急に不機嫌になる夫とケンカをしては、ジュースやらお菓子やら何かしら買って渡し、それがお腹に入ると元通りに穏やかになる人柄が理解不能。

スポンサーリンク

結婚して8年目。その豹変ぶりは以前のようにはないけど、現在も変わらず…。でも今は、なんとなく不機嫌そうなオーラを感じた時は、こちらから「お腹すいた?」と聞くときもあるし、本人から「ちょっと何か買ってくる」と自己抑制することもできるようになってきた。

今日は午前中に私の家の仕事を終えた時に、昼からカインズに行ってみようということになったので、事前に昼ご飯を食べてから出かけた。腹ペコのまま行くと、機嫌が悪くなる可能性も高くなるし、昼ご飯を食べるとなると、どれだけお金がかかるかわからないので…。

しかし、計画通りに機嫌よくカインズで買い物を済ませたころで、「なんか…お腹すいてきた…」と言う夫。まだ2時間くらいしか経ってないけど…。

まぁ…、一安心してお腹すいたんかね…。と、ソフトクリームで難をしのぐ。

その後、せっかく来たからといろんなところを見ていたら、とある店頭で「八海山ラテ」の張り紙が目に入った。

「八海山?日本酒?日本酒のラテってなに?」と、夫と話しながら張り紙に近づきながら、夫に飲んでみるように勧めると、「運転ができなくなる」と言うので、どんなものなのか説明だけ見てみようと近くで見てみると「ノンアルコール」の文字。

「ノンアルコール?」と、妊娠の可能性が1%の私と、運転の義務を持つ夫は足を止める。でも、一杯400円。安くない…(。-_-。)

話のタネに一杯だけ買ってみようかと話してたけど、カウンターに店員さんがいなかったので、そのままお酒売り場に行ってみた。

地ビールが好きな夫がいろんなビールの並んでいる冷蔵庫を楽しそうに見ている横で、なんとなく全体を見ていたら「八海山あまざけ」のポスターを発見!

さっきのはこれなんじゃないだろうか?と、小さい118mlのを買ってみることにした。

レジまでの間に定員さんがいたので聞いてみると、ポスターの「八海山ラテ」と言うのは、やはりこのあまざけを牛乳と1:1で割ったものらしい。八海山ラテは400円。八海山あまざけは201円。どんなにいい牛乳で割っているのだろうか…と興味はあったけど201円で家で一般的な牛乳でラテにすることにしました( ´∀` ;)

実は子供のころから「甘酒」が苦手だった私。温まるからと母親が作ってくれた粕汁も嫌いで、ひな祭りの甘酒なんて買うこともなかった。

そんな私が「あまざけ」を飲めるようになったわけ。それは、「米麴のあまざけ」と言うものを知ったから。夫の実家の近くにある醤油屋さんの麴で作られたあまざけをお姑さんが買って来てくれたのを少しだけ食べてビックリしたのを覚えている。醤油屋さんや酒屋さん。発酵屋さんは造ってるところが多いのかな?

大人になって熱燗は飲めないけど、それでも冷酒が飲めるようになって、どうかな?っと思ったけどやっぱり飲めなかった「酒粕からつくる甘酒」。あのアルコールの匂いの上がってくる感じがどうしてもダメだったんだけど、「麹から作ったあまざけ」は小豆のおしるこのような甘みがあって今までの概念を完全に覆された感じだった。

麹から作ったあまざけは「飲む点滴」と言われるくらい栄養価が高いらしく、350以上の栄養成分を含んでいるらしい。酒粕も砂糖も使わないノンアルコール。妊婦さんでも赤ちゃんでも大丈夫らしい。乳幼児は除くんだろうけど( ´∀` )

スポンサーリンク

凍らせてシャーベットでもおいしいし、牛乳と合わせてアイスラテでも、レンチンしてホットラテでもおいしいし。

八海山と言えば、どこの居酒屋さんでも酒屋さんでもたいてい置いてある、新潟発の有名な日本酒。

その蔵の米麴造りのあまざけなら、なんだかますます身体に良さそう( ´∀` )

 

コメント