入学式のママの服装や髪型やアクセサリーやコサージュのポイントは?

イベントのこと

スポンサーリンク




卒園式が終わったと思えばもう入学式。子供の成長を間近で見れる
大切な日だからこそ、ママだってオシャレしたいですよね。

でも卒園式と同じ服装でいいのか。。髪型は?。。アクセサリーはどうしよう。。
色々迷いますよね。そんなお悩みのあなたに、マナーはしっかり、でもきちんと
トレンドを抑えた素敵な着こなしをお伝えして参ります!

スポンサーリンク

入学式のママの服装や髪型はどうすべき?セルフアレンジはNG?

まず気になるのが入学式に参加する時の服装ですよね。
そこで、洋服選びのポイントからお話していきます^^

洋服選びのポイント

☆服装のポイント
・1点は明るい色を選ぼう
卒園式では比較的暗めのスーツやワンピースを着る方が多いですが、
あえてジャケットだけでも明るくする。暗めのジャケットしかない場合は、
小物やコサージュを白やベージュ、薄めのピンク等で明るくすると、
とても印象が良いですね。
今はパンツスタイルも人気で、パンツに明るめのジャケットや、
ケープタイプにすれば一枚着も可能です。
・オススメの色の合わせ方
①ブラック×ホワイト・オフホワイト・ベージュ・
②ネイビー×オフホワイト・ベージュ・ピンクベージュ

ヘアスタイルのポイント

服装が決まったら、次はヘアスタイルです。
ヘアスタイルややはり美容院に行かないといけないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。
服装もスーツらしい雰囲気のことが多いので、結婚式のように力を入れる必要もないです。なので、自宅でのヘアセットでも問題ありませんよ^^

では、簡単にできるヘアアレンジの方法をいくつかご紹介します。
☆髪型は自宅で簡単に
・自分でもできるセルフアレンジ
髪型はとても大事なポイントの一つですが、わざわざ美容室に行くのも
大変ですよね。今は自分で簡単にできるセルフアレンジもたくさんあります。
【ロングヘア】コテで巻いた髪をふわっとしたポニーテールにして
可愛いヘアゴムで縛るだけで可愛くスッキリとした印象になります。
【ミディアムヘア】コテで毛先を全て外巻きにし、表面の毛先を
ランダムに内巻きにするだけで、巻いたのとはまた違う大人な印象になります。
【ショートヘア】コテやストレートアイロンで内側に巻いた後、
トップの部分にもフワッとアイロンをすれば、それだけで優しい印象なります。

スポンサーリンク

入学式のアクセサリーやコサージュは?おすすめの種類とサイズは?

では、つづいて装いに花を飾る効果のあるアクセサリーやコサージュについてはどうでしょうか?

アクセサリーはパールで可憐に

パールのネックレスは光を抑えつつも淡い輝きで首元をとても綺麗に見せてくれます。
1連で少し寂しさを感じる方は、2連や3連でも大丈夫です。
パールの色は基本的に入学式ではホワイトパールが一般的ですが、
今は薄めのカラーパールも人気で、ちょっとした差をつけられちゃいますね!
今はネックレスとイヤリングのセットもあるので是非チェックしてみて下さいね。
ちなみにダイヤなど、パール以外のネックレスにしたい場合は大きすぎず
控えめにするのがいいでしょう。

コサージュのオススメは?

①コサージュの大きさや形
サイズは小さめにしましょう。小さくてもコサージュ自体がとても華やかなので、
バランスが悪くならない様にするといいですね。
形は、本当の花びらの形の様なコサージュや、ツイード生地のコサージュ、サテンのコサージュなんかもオススメです。
販売場所によってはネックレスとコサージュが一緒になっている物もありますよ。
②コサージュの色
一番人気はやはりどんな服装にでも合う、淡めのピンク色やスーツと同系色の
コサージュです。
他にもたくさんの色がありますが、入学式にオススメなのは、白・イエロー・ブルー
などの女性らしさがでる色です。
③付ける場所
ほとんどの方は胸元に付けていますが髪や腕など、お好きな場所に付けてOKです。
そもそもコサージュとは、昔フランスの貴婦人がお祝いで胸に花を飾っていた事から
日本でもつけるようになり、意味合いは「このお祝いに賛成」だそうです。
なんとも奥深い・・
という事で、せっかく付けるなら印象はもちろんですが自分好みのコサージュをぜひ
探してみて下さいね。
コサージュが苦手な方は、スカーフやストールを首に巻くと、今どきっぽいですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

せっかくのお祝い、完璧にしたいのは当然ですが今の時代本当に色々な種類があり
選ぶのも一苦労ですよね。

でも大丈夫です。

一番大事な事はあなたらしさなので、マナーはしっかり守り。フォーマルさもおさえつつ、自分なりの最高のコーディネートに是非チャレンジして下さいね。

目指せオシャレママ!