子供の歯磨きデビューはシリコン製がおすすめ!

子供のこと

スポンサーリンク




あなたのお子さんはもう乳歯が生え始めましたか?
お子さんにもよりますが、だいたい6ヶ月くらいになると生えはじめることが多いそうです。

 

小さなお口に、小さな歯がちょこっと見えてくると「あ~かわいいなぁ(●´ω`●)」と思う気持ちと共に「虫歯にしないように気を付けないと!」という気持ちになりますよね。

 

とは言っても、いざ虫歯予防を開始しようと思ったときに何からしたら良いのか悩みませんか?

 

そこで今回は、子供の歯磨きデビューのタイミングと習慣付けさせる方法、そして、初めての歯磨きにおすすめのシリコン製歯ブラシについて紹介していきます!

スポンサーリンク

子供の歯ブラシ習慣は「食べたら歯ブラシ」のクセ付けから!

では、まず子供の歯磨きデビューの時期からですが、「子供の虫歯予防」という意味で言えば、市販の「歯磨きナップ」と言ったシート状のものや、濡らしたガーゼなどで歯を拭いてあげることからだと思います。

 

しかし、先のことを考えて「歯磨きデビュー」をするなら、シリコン製の歯ブラシを使って早めに癖付けをするのがおすすめです!

 

つまり、『子供に歯磨きを習慣づける=食べたら歯ブラシ』というクセをつけていくということです。

 

小さな子供はまず「食べること」を覚えるので、それができるようになったら「食べたら歯を磨くものなんだよ」と教えてあげるという事ですね。

 

タイミングとしては、だいたいお子さんの歯が4本生えてきたら、ガーゼなどから歯ブラシを使って磨いていくようにしましょう。

 

出来れば、親御さんが歯磨きをしている様子も、まずは見せてあげると良いですね。そうすれば小さい子はだんだんそれをマネしてくるし、「食事の後は歯を磨くものなんだ」と自然と学習して身に付いていくようになります。

 

ただ、子供って慣れるまでは、どうしても歯磨きを嫌がって大泣きしてしまうんですよね(^^;)

 

なので、もしあまりにも嫌がって歯磨きするのが難しいようでしたら、最初は「食事の後に数分くわえさせるだけ」でも良いですし、本当に軽く歯を磨くだけでもOKですよ。その後に、歯磨きナップなどで拭いてあげてください。

 

なぜなら、最初のうちは「歯磨きでしっかり磨くこと」より、歯磨きを習慣化させるということが大事なので、「歯磨きは毎日」「理想としては毎食後するものなんだよ」ということをまず覚えさせることからが第一です。

 

ここで無理やりに歯ブラシをしても、どんどん「歯磨き嫌い」になってしまって、先々もっと難しくなる可能性があるので、この時期は「まず型から!習慣付け!」と軽い気持ちで始めてくださいね^^

スポンサーリンク

子供用シリコン製歯ブラシのおすすめはこれ!

では、ようやく歯が4本生えた頃のお子さんには、子供用シリコン歯ブラシを使って歯磨きをしていきましょう。

 

市販のナイロン毛の歯ブラシに比べて、シリコン製の歯ブラシは毛足も短く柔らかい感触なので、赤ちゃんも痛がらずに歯磨きをさせてくれますよ。

 

では、数あるシリコン製歯ブラシの中から、特におすすめの子供用歯ブラシを紹介していきます。

 

・エジソン ベビーバナナ

子供のスプーンやフォーク、箸などのほかにも子供の発育に注目した商品を発売している「エジソン」の商品。

そのエジソンシリーズのシリコン歯ブラシは名前の通り「バナナ」の形をした子供用歯ブラシ。

見た目がとってもかわいいので、お子さんもきっと喜んでくれますね!
もちろんシリコン製なので、デリケートな口の中を傷つけず、優しく歯を磨くことができますよ。

持ち手の形状は赤ちゃんの持ちやすい「輪っかタイプ」と、自分で握れるようになってからの「バータイプ」があるので、お子さんの成長具合で選んでくださいね。

 

・リセラベビー  はじめての歯ブラシセット

こちらは、シリコン歯ブラシと仕上げ用歯ブラシのセットです。

シリコン歯ブラシはお子さんの小さな手にフィットするハート型のハンドルで、赤ちゃんが使いやすいように設計されています。花の形の誤飲ストッパーも付いているので赤ちゃんが一人でもっていても喉をつくことを防ぎます。

もう一方の仕上げ用歯ブラシは、大人の方でもみがき易いようなデザインで、ヘッドも小さく、やさしくやわらかな毛質となっていますよ。大人が磨くとつい力が入りがちなので、気を付けてあげましょう^^

 

以上がおすすめのシリコン歯ブラシです!
ぜひ歯磨きを練習させるためにも、赤ちゃんが使いやすい歯ブラシを使ってあげてくださいね!

 

スポンサーリンク

最後に…

いかがでしたか?

 

お子さんに歯磨きを習慣づけるには、まず「毎食後に歯ブラシをくわえさせること」から。
そして、まだ柔らかい口の中や小さな歯に優しい歯ブラシを使って歯を磨くことに慣れさせることが大切。

 

その時に、パパママも一緒に歯磨きをすれば、お子さんもそれを見ているうちに「食後には歯磨きをするものなんだ」ときっと思うようになってきます^^子供は真似っこが大好きですからね(笑)

 

我が子に健康な歯でいてもらうためにも、小さいころからしっかりと歯を磨くクセを付けさせたいですね。

 

そのためにも、赤ちゃんが歯磨きを嫌いにならないために、シリコン製の柔らかい歯ブラシを使って、楽しく、優しく歯磨きをしていきましょう!

 

 

 

コメント