赤ちゃんとの外出が楽になる!ベビーカー選びはタイヤの種類が大切!

子供のこと

スポンサーリンク




赤ちゃんはもちろん、小さいお子様がいるご家庭の外出にはベビーカーは必ずと言っていいほど必要ですよね。

 

歩くのに疲れてしまったり、寝てしまったりしたとき、ずっと抱っこなんて大変ですよね。

 

だから歩けるようになっても長い間必要なのです。お子さんによっては三歳くらいまで乗りたがる子もいます。そうなると、0歳児から数えれば4年近くになります。

 

そんな大活躍のベビーカーですが、たくさん種類があってどれを選んでいいか迷いますし、なにを基準に選んでいいのかわからないですよね。

 

何度も買い替えるわけにもいかないし…。

 

なので、ベビーカーを選ぶ際には慎重になってしまうもの。

 

そこで!少しベビーカー選びのポイントをお話ししますね。

スポンサーリンク

ベビーカーって便利?使ってみないとわからないこと

確かに、ベビーカーってとっても便利なのですが、実際にベビーカーに子どもを乗せて道路で押してみると、とっても押しにくいのです。

 

ただでさえ、コンクリートででこぼこしていて押しにくいのに少しでも段差があるとタイヤが引っかかってしまったり、お店の床によってはタイヤが回転せず滑ってみたり、狭いところでは小回りがきかなかったりと、大変なのです。

 

でもこれ、ベビーカーのタイヤ選びでだいぶ解消されるんです。

 

ベビーカーのタイヤはシングルが良いと聞くけど本当?その理由は?

まず、ベビーカーのタイヤには、1つの足にタイヤが1つだけついているシングルタイヤと2つずつついているダブルタイヤがあるのをご存知でしょうか。

 

まず、この2つの違いは重さです。

 

シングルタイヤよりもダブルタイヤの方が軽く、持ち運びには適しています。

 

しかしダブルタイヤは前輪がくるくると回ってしまい、行きたい方向と違う方向に動いてしまうことがあり、これが押しにくさを感じる原因でもあります。

 

その点シングルタイプは、行きたい方向にすぐにタイヤがついてきて小回りがきいてとても押しやすく、スイスイ押すことができるんですよ。

 

ショッピングセンターにある赤ちゃんを乗せる仕様になっているショッピングカーがいい例です。

 

ベビーカーの取り回しが良いこと。
これだけで、ベビーカーを押すストレスが激減しますよ。

経験上、ベビーカーのタイヤはシングルタイヤが断然おススメです。

 

スポンサーリンク

ベビーカーのタイヤは四輪?三輪?それぞれのメリット・デメリットは?

次に、ベビーカーのタイヤの数についてです。

 

一般の販売店では四輪タイプをよく見かけると思いますが、三輪のタイプもあるんです。

 

ここでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介しますね。

 

四輪のメリット・デメリット

まず、四輪のメリットは、コンパクトで軽く作られていることが多く、持ち運びにはとっても便利です。

使わないときには、小さく折りたたむことができるため、
片手で持ち運べたり、電車やバスに乗るときでも場所をとらなかったりします。

 

赤ちゃんを抱っこしていたり、荷物をもったりしていても片手で運べますよ。

 

デメリットは、小回りがきかないことと、でこぼこした道では押しにくく、ベビーカー全体に衝撃が伝わります。

もちろん、ふつうのコンクリートの道やお店の中をベビーカーで押すぶんには不便なく使用することができますよ。

 

 

三輪のメリット・デメリット

一方の三輪タイプは、まず、見た目にとてもオシャレです。海外製のものも多く出ているのでデザイン性が高いのかもしれません。

 

機能面で言うと、タイヤが大きいものが多く安定しているため、でこぼこ道でも押しやすいです。

タイヤが大きい分、衝撃を吸収してくれるので、赤ちゃんも快適に乗れますね!

 

そして、ボディが安定しているので押す力も四輪よりも三輪の方が、軽い力で押すことができます。

 

しかし、三輪のデメリットとしては、ベビーカーの重さです。四輪は約3キロほどですが、三輪は10キロ前後のものが多いのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上の通り、軽さを重視する方には、三輪より四輪。さらにはシングルタイヤよりダブルタイヤの方がいいです。

かたや、押しやすさを重視する方にはシングルタイヤや三輪のものをおススメします。

お店でいろんなタイプのものを試してみてご自分に合ったものを選んでみてくださいね。

 

 

コメント